FC2ブログ

訃報

お昼休みに、患者さんが来られました。
「フィラリア予防のハガキをいただいたんですが、うちの子、昨年の○月×日に亡くなったんですよ。長い間、お世話になりました。」
この子、口の中に悪性腫瘍が出来て、下顎の一部を骨ごと、摘出しました。その後、再発もなく元気にしていたんですが、急に亡くなった、との事でした。

毎年、4月頃に、フィラリア症予防の案内を患者さんにお送りします。ハガキにラベルを貼り、切手を貼るたびに、患者さんと犬の名前、顔を思い出します。特に、お年寄りや、大きな手術をした子はどうしているかなあ、と思います。そして、病院に検査のために来院されるとほっとするのですが、3,4人の方から、案内をもらったのですが・・・・・、という電話を頂いたり、飼い主さんだけ来院されて、訃報を聞く事があります。

そういうお話を聞くと、一時の寂しさはありますが、飼い主さんの愛情の元で生涯を終えた子らの充実した生活を思い、みんな幸せだったんだなあ、その幸せのお手伝いを少しでも出来たのならよかったんだけど、と思います。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

浦野動物病院

Author:浦野動物病院
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR